013 カモシダサーを受け継ぐ男

兵士だった男が宇宙船を訪れたので、会話のためにまず彼にカモシダサーを使わせた。

 

すると、なんと彼には、窓の女の記憶の読み取りができた。 カモシダサーをつけた瞬間、彼は空を飛んだ。窓の女の訓練を思い出したらしい。

 

 

あなたと彼女の記憶を読み出せたのは、彼女と特別な共通点があったからだと、わかりました。

 

それは二人とも、せまい組織の中にいて、大切なことを見失っていたが、後になって取り戻したことです。

 

彼女を探す手がかりがつかめました。ありがとうございます。

 

記憶によると、窓の女は、好奇心から光の風の吹き出し口に手を突っ込んで、吸い込まれた。

 

 

そして、部品や材料を仮置きする、時間が止まった空間に、囚われていた。

 

空飛ぶ男は、窓の女を自分の手の先に引き出すと、二人で家に帰っていった。