014 再会と未来

兵士だった男は、林の女と再会し、0.5言語の克服を協力するうち、二人は恋仲になった。

 

兵士だった男は、もう一人の自分を思い出した。そして再会し、カモシダサーをつけさせ、これまでの体験を共有した。大切なことは共有できると信じて。

 

そして、あの椅子に、失いゆく悲しみではなく、有限だからこそ、色んな物事が存在してくれていたことへの、感謝と賛美を与えようと、話し合った。

 

ただいま。おかえりなさい。

 

今日で全ての機械のゴミ集めが完了しました。あの板を回収した時点で、完了したのも同じでしたが。

 

やりきりましたね。明日から少しゆっくり休んで、旅行でも行きましょうよ。

 

プラネタリウムは、訪れる人たちに、やさしく音声を流した。すべて感謝し、手放して、しかし忘れず…。

 

あの星への旅行計画が立ち上がった。宇宙船が作られ始めた。最初の旅行者に、窓の女、空飛ぶ男、林の女、兵士だった男、そしてその他の者たちが選ばれた。