モノローグノベルについて

飛行機に乗っているときは暇すぎて、機内雑誌の隅々まで読み込みます。もしその読み込むことが、じつはひとつの物語を読み解くことになっていたら?そんな願望をコンセプトにして形にしたのが、モノローグノベルです。雑誌のようなレイアウト、文章は読者に向けた独白や説明のみ。かつ、漫画や映画や小説でもできる表現ではなく、このジャンルならではの表現にすることが最低条件です。そのコンセプトから、モノローグ内容はなるべく「間接的でもなく、ただ関連している情報の提供を選ぶ」という制作方針となります。ただし、わかりやすさも必要なことから、直接的な情報の提供もしています。PGノベルと比べて荒削りですが、こちらも今後は発展させてゆきたいです。